Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワキガです。ポリエステルの服を着たい!!どうしたらいいの?

ワキガ臭
スポンサーリンク

我が家は、次男が腋臭体質で家族も本人も困っています。

できるだけ衣類も臭いがこもらないものを選んでいますが、体臭が強い人に共通の肥満体型です。

 

腋臭体質は遺伝と言われていますが、本人が一番大変な思いをしているものと思っています。

 

肥満体質を解消することや消臭対策も必要ですが、このページでは、ポリエステルの洋服についてお話しします。

 

 

 

ワキガにポリエステルの洋服は、臭いがこもってしまいます。

ワキガの原因は、「アポクリン汗腺」から出てくる汗です。

アポクリン汗腺から出る汗は、乳白色をして、粘つきがあり脂質やタンパク質が多く含まれています。

この、アポクリン汗腺から出た汗を脇の常在菌が分解することでワキガ臭が発生します。

わきが臭が強い人は、アポクリン腺の数が多いことが考えられます。

この汗がポリエステルの洋服を着ていたら、吸収されずにそのまま洋服の中でこもってしまいます。

すると、

「くさッ!」

となってしまいます。

 

 

ポリエステルの素材自体が化学繊維でできているために、表面がつるつるしていて水分を吸収しにくく、わき汗をかいても汗を吸収しないばかりか蒸発もしにくいのです。

 

化学繊維でできているセーターやウールを着ている場合など、脱いだ時に「もわっ」と臭いを感じたりする場合もあります。

 

冬は汗をかくことが少ないために、ワキガの臭いは収まったかと思いがちですが、ワキガは年中変わりませんので、冬でもにおいます。

特にフリースなど化学線維の洋服を着るときには注意が必要です。

 

綿素材の洋服を着ましょう。

水分をよく吸収するのは、綿素材です。

肌着やタオルなど水分を吸収するものには綿が利用されています。

 

綿はきわめて微細な繊維で吸水性が高いので、綿の内側と外側で温度の差ができると、内側の水分を吸い取って、外側へ発散する性質があります。

 

そのとき熱も奪うため、すずしく感じます。汗をかいたときに、汗を発散させようとするときに涼しく感じますね。これが綿が夏にぴったりの素材と言われる理由です。

 

 

冬は、空気の層をたくさん作ることで温かく保つことができると言われています。

綿は夏に涼しく着られるだけでなく、実は保温性にも優れているのです。

綿は繊維の中心部がマカロニのように空洞になっているので、熱が伝わりにくく放出されにくい特徴を持っています。

綿繊維には「より」があり、布地を起毛したり、パイルを立てたりすることで、繊維内に空気をたっぷり含ませることができます。

 

ワキガの人は服の素材を選ぶことで臭いを抑えることができます。

綿や麻など天然素材を選びましょう。

綿はお話ししたように夏涼しく冬は暖かい素材で、肌着などにも利用されていて扱いやすい素材です。

麻も綿と同じように天然素材ですが、麻は、夏の素材というイメージが強く、さわった感じもとてもシャリ感があり、涼しくすぐしわになるという特徴があります。

水分の吸湿、発散が速く、汗ばんでも肌にべとつかず、速く乾きます。

しかし、白い麻には汗染みが付きやすいのが難点です。

 

麻は、冬の素材として使われることは少ないようです。

 

動物の素材は、臭いがこもりやすい。

動物性の素材としては、

羊毛、アルパカ、カシミア、モヘア、アンゴラなどがあります。

とても暖かく、保温性が高いのですが、臭いがこもりやすくなる時もあります。

 

次男は、ウールがチクチクするらしく動物性のセーターなど全く着ないのでにおいがこもるという事が分かりませんが、フリースなどにはしっかり臭いがついています。

 

ポリエステルの服を着るときは?

男子の場合は、それほどかわいい服を着なくってもいいのですが、女子の場合はかわいい服を着てみたいという気持ちはとってもよくわかります。

 

綿素材の服よりもポリエステル素材の服のほうがかわいい服が多いのも事実です。

汗が衣類に付かないようにわきと洋服での対策が必要です。

ワキガの原因は、「アポクリン汗腺」から出てくる汗です。

アポクリン汗腺から出る汗は、乳白色をして、粘つきがあり脂質やタンパク質が多く含まれています。

この、アポクリン汗腺から出た汗を脇の常在菌が分解することでワキガ臭が発生します。

 

  1. このアクポリン腺のわき汗を衣類につかないようにする事がポイントです。
  2. わきの臭いを発生させないように、デオドラント剤を使う。

 

 

わきの部分を綿素材の汗取りパットなどを使用するなどの工夫が必要です。

このアクポリン腺のわき汗を衣類につかないようにする事がポイントです。

わき汗を衣類につかないようにする 汗取りパット

わき汗を衣類につかないようにするには汗取りパットや汗取りテープです。

わきに直接貼る汗取りテープです。

直接肌に貼るのでくっつきにくいという声もありますが、肌が弱い人などはかぶれることもありますので注意が必要です。

 

わき汗を衣類につかないようにする 汗取りインナー

 

デオドラント剤を使いましょう。

ワキガを発生しているわきの対策です。

デオドラント剤を使うことで、こんなに効果があるのならもっと早く使えばよかったと思うひとも多いはずです。

次男に使ったときは感動しました。

 

デオドラント剤の使い方は、

  1. 朝両脇に塗ります。
  2. 夜お風呂上りに両脇に塗ります。

の2回塗ると効果的です。

 

デオドラント剤は保湿成分が十分に配合されているクリームタイプを選ぶのがいいでしょう。

肌にしっかり塗りこむことができて持続時間も長く成ります。

 

Lapomine

 

ワキガのポリエステル服対策

ワキガの臭いが洋服に沁みついてしまう前に洋服の対策を取りましょう。

いままでは、臭いが付いた洋服を漂白剤につけて洗っていたのですが、しばらくするとまたにおいが湧き出てきます。

 

ですから、洗濯するときにクエン酸を入れて洗っていました。

すると、湧き出ていた臭いが、洗濯を重ねるうちにだんだんとにおわなくなってきました。

 

綿の洋服もポリエステルの洋服も着る前にクエン酸をうすめたものをスプレーしています。

洋服についていた臭いがだんだん薄くなっていくのがとっても嬉しく思います。

クエン酸は入浴剤としても利用できますので、家庭に一つあればいろいろな使い道があります。

 

ワキガの人のポリエステル洋服対策 まとめ

ワキガの人がポリエステルの服を着る場合は、臭いがこもりますので、できるだけ綿の素材のものを利用するようにしましょう。

手術をしない限りは、ワキガの対策が必要です。

こまめに消臭対策が必要となります。

かわいい服はポリエステル素材が多いので、ラポマインとクエン酸スプレーは手放せないものになりました。

 

 

わきの臭いをカット!!スゴさの秘訣はコレ!