【体臭】体内の臭いをフレグランスで消していませんか?

最近、洗濯用の洗剤や柔軟剤の香りが強くなってきたと思いませんか?

それは洗濯用洗剤だけではなく、入浴剤もすごく香りが強くなってきています。

そんなに匂いを強くしているのはいったい何の目的なのでしょうか?

洗濯用の洗剤だけではありません、トイレ用の洗剤でも匂いがついているのがでてきています。それもミントとかではなくお花の香りなどです。

私たちが生活していく上で、香りと言うのがリラックスさせたり疲れを取ったりする一面で、香りで人に不愉快な思いをさせたりということもあります。

嫌なニオイには消臭スプレーなどで対応しますが、私たちの体臭はどのようにすべきでしょうか?

嫌な臭いということで消臭スプレーや、制汗剤で処理すべきでしょうか?

スポンサーリンク

今日は体臭を元から消すために心がける事。

私たちには誰にでも体臭があります。昔は体臭が強い人は、情が深いと言われていました。

しかし最近は、若い男性もオーデコロンを使うような時代になってきています。

オーデコロンや衣類のフレグランスによって体のニオイを防いでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし普段の生活でちょっと気をつけることで体臭を消すことができるのです。

食生活を見直す。

アポクリン腺が多い人をわきが体質といいます。

日本人のわきが体質(アポクリン腺が多くある人)の割合は10%と言われています。

欧米人は約80%がわきが体質と言われています。この違いの原因を考えると食事ということになりました。欧米人が好む肉類などの高カロリーや高脂肪の食べ物には皮脂腺やアポクリン腺を活発にする作用があります。

反対に穀物や野菜、魚にはビタミンやポリフェノール・ベーターカロテンなどわきが体質の改善に効果的な栄養素が含まれているのです。これだけでも、日本人の食生活に対し、肉類中心の食生活をとってきた欧米人にワキガ体質が多いのも理解できると思います。

しかし、日本人も野菜や魚中心の食事から肉類やファーストフード中心のものに移行していくにつれわきが体質も強くなっていると言われています。

これは、食生活の変化が体質を欧米人に似たものに変えてきているということです。

人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺はだれにでもあり、全身に分布する汗腺です。

それに対し、アポクリン腺はある人と無い人がいるのです。つまりのアポクリン腺の数は生まれた時に決まっているので、肉類中心の食生活に変えたとしてもアポクリンセンが増えるわけではありません。

ワキガ体質が強くなっていると言うことです。

野菜や豆類など植物性タンパク質を中心としたバランスのとれた食事に変えるだけで、かなり体臭が弱くなります。

タバコをやめる。

タバコが原因で歯槽膿漏が増えます

またタバコを吸うと、唾液の分泌が少なくなることが原因で口臭がひどくなります。ニオイが気になる人は、タバコは早急に止めた方がいいと思います。

口の中の汚れをきちんと落とす。

お口の臭いはなかなか自分では気づかないものです。

口臭の原因の1位は歯垢による臭いです。磨きのこしが原因で、歯槽膿漏になったりしますので磨きのこしがないように注意しましょう。

歯垢の磨き残しを赤く染めてくれるオーラケア用のもの販売されていますので気になる人がそう言うのを使って磨き残しがないようにしてください。

適度な運動をして汗をかく。

395913-1-1

普段汗をかかない生活をしている人は、汗腺が衰えてきます。汗腺が衰えてきた人が汗をかくと、汗の中に老廃物などが含まれますので嫌なニオイの原因となります。

老廃物を体の外に出すためには、毎日適度に体を動かして汗をかく必要があります。

加齢臭が気になる人は、上半身をしっかり洗いましょう。

加齢臭の匂いは、頭・耳の奥・襟元・胸のあたり・背中のところがきついと言われます。

入浴するときは、臭いを取るような石鹸できちんと丁寧に洗うようにしましょう。

加齢臭にも効果あり柿渋石鹸

まとめ

きちんとした生活習慣で体臭は気にならなくなると言うことになります。

自分の体を健康に保つためにも食生活や日常の生活習慣の見直しは大事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【体臭】体内の臭いをフレグランスで消していませんか?
この記事をお届けした
体臭・ワキガ臭・口臭・加齢臭など身体の臭いのサイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!