【体臭】体臭が鉄臭い血のにおいがします。疲労が取れませんが臭いと関係ありますか?

ふとした時に、体から鉄くさい血のにおいがするということはありませんか?

私の姉は貧血気味でいつも造血剤と胃薬を飲んでいました。顔色も悪く、青ざめていたのを覚えています。

薬の影響かもしれませんが、何か 独特の臭いがしていました。

スポンサーリンク

体臭が鉄くさいのは、なぜですか?

  • 生理中である。(女性の場合)
  • 疲労やストレスが溜まっている。

生理中である。

女性の場合、体臭が鉄臭くなるのは生理が原因です。

生理中に出血する血液(経血)には、たくさんの鉄分が含まれています。

経血は、空気に触れ酸化することで、においが出ます。

ナプキンをこまめに取り替える事が、生理中の臭い対策としては1番のポイントです。

生理臭のことについては

【体臭】女性特有の体臭 生理臭とダイエット臭原因と対策方法
女性特有のにおいというと生理中のにおいを想像します。 しかし、生理以外でも女性ホルモンの乱れや貧血・ダイエットなどでも独特なにおいが生まれ...

で詳しく解説していますので参考にしてください。

疲労やストレスが溜まっている。

鉄臭いにおいは女性だけではありません。男性からも鉄くさいにおいがするというは、どういうことでしょうか?

疲労がたまりすぎて、代謝が停滞している場合によくあります。

金属臭とも言われており、運動不足などで体が汗をかきにくくなっていることが原因です。

体が汗をかきにくいという事は、汗腺の働きが悪いと言うことです。

汗腺の働きが悪いと、「鉄分」や「ミネラル」などの栄養素が汗の中に混ざり排出されるようになります。

この鉄分が「金属臭」と言われる鉄臭いにおいの原因となります。

汗から、鉄分が多く出る事は、体に疲労が溜まりすぎて、疲労物質であるFF(ファティーグ・ファクター)と呼ばれるタンパク質が大きく関わっています。

今まで、疲労物質は乳酸だと思われていましたが、2008年に東京慈恵会医科大の近藤教授によって乳酸に変わる疲労物質として発表されたのが疲労因子「FF」です。

スポンサードリンク

FF(ファティーグ・ファクター)って何?

FFは疲労の原因になる物質でタンパク質の一種です。

肉体的な疲労、精神的な疲労の両方でFFが増加することが分かっています。

肉体的な疲労とは、細胞が傷つくような衝撃が筋肉に与えられることです。

精神的な疲労と言えば、皆さんおわかりのようにストレスです。

FFが発生する仕組み

私たちは呼吸するだけで酸素を必要とし、またそれと同時に活性酸素を生んでいます。

運動をすると体内で大量の酸素を必要とし、同じように大量の活性酸素を生んでいます。

激しい運動などで活性酸素が大量に発生すると、細胞を酸化(錆びつかせる)させてしまいます。この時に、FFが発生して脳に疲れたという信号を送り、筋肉や細胞の働きや機能が低下します。

この時に疲労感が生まれます。

疲労の直接の原因になっているのは、活性酸素なのです。

FFは細胞死(アポトーシス)を促進させ、心臓病や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなると言われています。

FF(ファティーグ・ファクター)を減らすには?

FFが発見されることよりやや遅れて疲労回復因子FR(ファディーグ・リカバー・ファクター)も発見されました。

【スポンサーリンク】

疲労回復因子FR(ファディーグ・リカバー・ファクター)とは?

FRは、体内でFFが増加したときにそれに反応して発生するタンパク質です。 FRが生まれる条件は、FFの存在がないと生まれません。 

疲労回復に効果があるFRが発生しやすい体質なら、疲労回復が早くなりますので、翌日に疲労を持ち越すと言うこともありません。

逆にFRが不足していると、疲労回復しにくく、疲れが抜けにくくなるというわけです。

疲労回復物質「FR」を増やすには?

  • 運動
  • 食事
  • 入浴・睡眠

を工夫することで疲労回復物質FRを増やすことができます。

運動

395913

FRの発生条件であるFFが必要です。

FFは、過剰な運動をして活性酸素を発生させると生まれるのですが、あまり運動をしていない人にとっては急に過剰な運動は禁物です。

また年齢とともに体は衰えていきます。体の老化とともに、疲労回復物質FRを作り出す力が弱くなります。これが年齢を重ねると疲れが溜まりやすくなる原因です。

体に負担をかけずに、疲労回復物質FRを増やすにはウォーキングやジョギング、柔軟体操などが最適です。

食事

3d549c2495d06397dfe38d0141c720bc_s

FRは、「イミダゾールジペプチド」を摂取することにより体内に増えていきます。

「イミダゾールジペプチド」を多く含む食品をとることで疲労回復物質が増えていくのです。

活動量の多い動物にはイミダペプチドが豊富に存在することが明らかになっています。マグロやカツオ などの回遊魚に多く含まれます。マグロやカツオはよく動かす必要のある尾の部分に集中して存在し、鳥では胸肉やささみに多く含まれます。

私たちに必要とされる量は鶏胸肉で100gです。

イミダゾールジペプチドは熱に強く、水溶性であるため、スープにするとその成分を無駄にすることなく摂取できます。

抗疲労効果を求めるには少なくとも2週間はイミダゾールジペプチドが含まれている食品を摂り続ける必要があります。

イミダゾールペプチドとは、イミダゾール基を持つアミノ酸を含んだ、いくつかのアミノ酸が結合したペプチドで、カルノシンやアンセリンなどの種類が含まれています。人間の筋肉の中でつくり出され、活性酸素を抑える働きがあります。動物の骨格筋に広く分布し、渡り鳥の胸肉などに多く含まれています。イミダペプチドともいわれます。

わかさの秘密より引用

入浴・睡眠

私たちの体の中で「イミダゾールジペプチド」が存在しているところは、自律神経中枢を含む脳と骨格筋です。

つまり、脳と骨格筋は疲れやすいところだと言うことです。

自立神経は2つの相反する神経から成り立っています。

  • 交感神経・・・活動・緊張・ストレスを感じている時(おもに昼間の活動中)
  • 副交感神経・・休息・修復・リラックスしている時(おもに夜間の睡眠中)

この2つの神経は、交互にはたらきます。交感神経がはたらいている時は、副交感神経はお休みして、副交感神経がはたらいている時は、交感神経はお休みしています。

健康を維持できるしくみとなっています。

ところがストレスが大きくなると交感神経ばかりが働くようになります。FRを増やすためには副交感神経を働かせることが必要になってきます。

入浴や睡眠で、リラックスして副交換神経を高めるようにしましょう。

ぬるめのお湯に入りき睡眠の1時間前ぐらいにお風呂から出るのが効果的です。また睡眠は、お風呂から出て1時間以内に眠りにつけば睡眠中の副交感神経が高まります。

疲労回復物質FRを高めていきましょう。

イミダペプチドは、NHKや日本テレビの世界一受けたい授業やテレビ朝日のモーニングショーでも紹介された疲労回復にとって注目されている有効成分です。

またプロスポーツ選手も愛飲しています。

どれだけ寝ても疲労がとれないという人はイミダペプチドを試してみてはどうですか?

イミダペプチドを効率よく取れるドリンクがあります。

まとめ

FF(ファティーグ・ファクター)か発見される以前は疲労の原因は乳酸だと言われていました。

乳酸が疲労の原因だと言われていた時も、疲労臭を軽くする方法は、

  • 食事の見直し
  • 日ごろから運動をすること
  • 十分な睡眠をとること

などと言われていました。

これはFRを増やす方法と同じことです。

つまり、鉄臭い臭いを出さないためには疲労回復物質「FR」を増やすことが大切なのです。

イミダペプチド