【ミドル脂臭】30~40代の男性がくさい!汗でも加齢臭でもない臭いです。

汗の臭いでも加齢臭の臭いでもないにおいをマンダムが2013年11月に発見しました。

それは、「ミドル脂臭」と名付けられました。

よく知られている臭いは、汗臭やワキガ、足の臭いなどがあります。

年齢を感じさせるものに加齢臭がありますが、ミドル脂臭は、一体どういうにおいをさしていうのでしょうか?

スポンサーリンク

加齢臭とミドル脂臭ってどう違うのでしょうか?

加齢臭とは、主に中年以降(50代以降)の男女にみられる特有の体臭の事で、枯草のようなにおいがします。加齢臭の原因はノネナールという物質で、この物質は胸や背中から発生します。

ミドル脂臭は、30代 – 40代の男性にみられる独自の体臭のことで、加齢臭とも20代の汗臭とも違うにおいのことです。

ミドル脂臭の原因は「ジアセチル」という物質です。このジアセチルは、チーズやヨーグルトなどが発する臭いの主要成分で、とても匂いが強く使い古した油のようなにおいがします。

スポンサードリンク

ミドル脂臭の特徴

  • 働き盛りの35歳~45歳がピーク
  • 加齢臭より嫌われる臭い
  • すごい悪臭で、拡散しやすい
  • 自分でなかなか気が付かない
  • 女性が不快を感じる

35歳~45歳がピーク

ミドル脂臭は、30代~40代で最も強くなります。この年代は20代から続く汗臭も残り、加齢臭も出始めています。ニオイの三重苦の時期です。50歳代に向けてミドル脂臭は減少していきますが、35歳~45歳の時期がピークになります。

加齢臭より嫌われる臭い

このようにいうと驚かれるかもしれませんが、加齢臭に臭いは枯草のようなにおいですが、ミドル脂臭の臭いは廃油のようなにおいがします。

加齢臭は、女性の約1割が「許せない」と答えたのに対し、

ミドル脂臭は、女性の8割が「許せない」答えました。

すごい悪臭である。

ミドル脂臭の原因物質は、エクリン汗腺から出る汗の中の乳酸が細菌によって代謝・分解されて発生します。使い古した油のようなニオイで、足臭の原因物質よりもニオいやすい物質です。

拡散しやすい。

ミドル脂臭の原因物資である“ジアセチル”は、加齢臭の原因物質である“ノネナール”に比べて100倍も広がりやすい特徴があり、口臭や足臭の原因成分よりも少量でニオイを感じる成分です。

自分で気づきにくい

後頭部から首の後ろ周辺に発生するため、自分の鼻と反対になります。それで、なかなか自分で気づきにくくなります。

特に女性が敏感に反応する。

090213

この成分はなぜか女性の方が敏感に感じやすく、不快感を持たれやすいので、奥様や会社の女性に知らず知らずのうちに不愉快な思いをさせているのではないでしょうか?

多くの女性は、ミドル脂臭のにおいを「くさったような」「生ごみのような」等、とても厳しい表現をして、不快感をあらわにしています。

臭いは自分では気が付かないうちに相手を不愉快な思いにさせてしまいます。

自分の体から生ごみの臭いや、使い古した油のにおいがするなんて考えただけでも

恐ろしくなります。

特に男性の場合は仕事にも支障をきたすことも考えられます。

人は「あなたの体がくさいです。」とはなかなかいってくれないものです。

こんなに周りに不愉快な思いをさせるミドル脂臭。

もし自分がミドル脂臭だったら?

ミドル脂臭のチェックリストをのせていますので、ご自分をチェックしてください。

もしミドル脂臭体質ならば対策を考えましょう。

ミドル脂臭のチェック方法

  1. 頭や首の後ろあたりがべたつくことがある。
  2. 枕カバーに色がつく、またはクサイと感じる。
  3. 汗を(特に頭~首の後ろ辺りに)かきやすい。
  4. 肥満、太り気味である。
  5. 野菜より肉が好き。
  6. 決まった時間に食事を取れない。
  7. 夜食や間食が多い。
  8. 1回30分以上の運動を週に2回以上していない。
  9. ストレスを感じている。
  10. 仕事が忙しく、休みがとれない。

スポンサーリンク

ミドル脂臭対策法

ミドル脂臭の発生原因は、エクリン汗腺から出る汗の中の乳酸が細菌によって代謝・分解されて発生しているので、汗の中の乳酸の量を抑えるのが効果的です

汗の中に乳酸が増える原因は「血行不良」です。下記を参照してください。

エクリン腺の汗の中に「乳酸」が増える場合は、発汗のエネルギーを「解糖系」という方法で得る時です。
もう一つのエネルギー代謝である「クエン酸サイクル」と言う方法では、完全燃焼するためこの乳酸は生産されません。
汗腺が「解糖系」か「クエン酸サイクル」かを選択するのは、抹消血管の血液の中や組織の中の「酸素の量」なのです。
酸素が十分あれば、クエン酸サイクルで、不十分なら解糖系のエネルギーで発汗をするのです。

汗の乳酸を減らすには、全身の「血液の流れ」を良くしてあげることです。
全身の血液循環がとどこうりなければ、抹消血管にまで十分な酸素が供給され、乳酸は生産されません。 五味クリニック掲示板より引用

血行不良を改善すると、汗の中の乳酸の量が減り、ミドル脂臭の予防に効果的です。

早速実践の方法を紹介します。

  • 生活習慣の見直し。
  • 丁寧に髪を洗う。

生活習慣の見直し

バランスの良い食事

「脂っこい食事や肉料理ばかり食べる。」「外食が多く、ファーストフードが大好きだ。」「付き合いでお酒を飲む。」というような偏った食生活では、血液がドロドロして血行不良になってしまいます。

野菜中心の食事でたんぱく質やミネラルをバランスよくとるように心がけましょう。

適度な運動

有酸素運動を取り入れることをお勧めします。

軽いウォーキングや散歩などをして、体の中に酸素をたくさん取入れるようにしましょう。

運動をする時間がない方は通勤の時に、一駅歩くとか、階段を利用するようにすると効率的です。

規則正しい生活で、ストレスをためないようにする。

仕事や家庭のことで知らないうちにストレスをため込んでいることが多くなっています。

ストレスも血液の流れに影響をします。

また、煙草やお酒も控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

丁寧に髪を洗う。特に首の後ろは念入りに。

ミドル年代の皮脂は頑固で落としにくいので、2度洗いがお勧めです。しかし、やみくもに洗うのではなく指の腹で優しく洗うようにします。

シャンプーはミドル脂臭の効果的な成分が入っているものがいいでしょう。

特に、頭頂部から後頭部は丁寧に洗いましょう。すすぎはシャンプーの成分が残らないようにきちんとすすぎましょう。

首の後ろまでは気が付かないかもしれませんが、においのもととなる箇所です。特に念入りに洗うようにしましょう。

シャンプーついては

頭や髪が臭いのです。 臭いを消すシャンプーはなにがいいですか? で解説しています。

参考にしてください。

お勧めのシャンプー

【ハーブガーデン】 頭皮のニオイが軽くなります。

【マイナチュレ】頭皮ケアシャンプー無添加

まとめ

ミドル脂臭は、血行不良が原因で起きます。

食生活の見直しと適度な運動、丁寧に頭皮と首の後ろを洗うことが対策の柱です。

加齢臭にしてもミドル脂臭にしても、改善するには同じ方法なんです。

食事と運動です。

無理は禁物ですが、運動は生活の中に取り入れていきたいですね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【ミドル脂臭】30~40代の男性がくさい!汗でも加齢臭でもない臭いです。
この記事をお届けした
体臭・ワキガ臭・口臭・加齢臭など身体の臭いのサイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!